「写ルンです」の写真サンプル

写ルンですで写真を撮るとどんな感じ?

 写ルンですはフィルムカメラなので、品質はよくありません。むしろ「こんな感じなの?」とびっくりしてしまうかもしれません。
 しかし、フィルムで撮るからこその「味」があります。インスタなどで流行っている理由が分かるかもしれませんね。

 

空を撮るとどんな感じ?

【写ルンです】写真サンプル1(空)

【写ルンです】写真サンプル2(空)

 上の写真は「THE 空」っていう感じですね。写ルンですで撮ると色がのっぺりとした印象になります。
 ただ、普通のカメラでは太陽は絶対NGですが、上の写真のように太陽が写り込んでいてもそれなりに撮れます
 下の写真は写ルンですのレンズがプラスチックなので、その安っぽさが出たのかな、と思います。

 

花を撮るとどんな感じ?

【写ルンです】写真サンプル3(花)

【写ルンです】写真サンプル4(花)

 上の写真が日陰で撮った写真です。このように、光の加減でかなり暗くなってしまうのが写ルンですの難点です。
 下の写真は晴れた日に撮った写真です。のっぺりとした写真ではありますが、明るく撮れています

 

景色を撮るとどんな感じ?

【写ルンです】写真サンプル5(景色)

※人物が写っていたのでトリミングしてあります。
 景色を撮るとこのような感じになります。比較的明るいところで撮ると、中レベルのデジタルカメラを引き伸ばしたくらいまでの品質にはなるのかな、と思います。

 

屋内はどんな感じ?

【写ルンです】写真サンプル6(屋内)

【写ルンです】写真サンプル7(屋内)

※人物が写っていたのでトリミングしてあります。
 屋内はフラッシュが必須です。この写真は(確か)唐揚げか何かだったと思うのですが、フラッシュなしだと何がなんだか分からないですよね(汗)
 ただ、フラッシュを適切に使えば、下の写真のような明るさでは撮ることができます。

 

写ルンですの写真まとめ

 今回はまとめたのは「作品っぽい」撮り方ではありません。ですので、「作品っぽく」意識をして撮ると、もっと味のある写真が撮れるのかな、と思います。
 特に人物の写真はスマートフォンで撮影して、景色等を写ルンですで撮るのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク